宮崎市ICT企業連絡協議会、通称Miyazaki IT Plusのロゴ

会員企業と学生を繋ぐオンラインイベントを開催しました。

学生団体との協同により実現。

2020年6月12日、IT Plus会員企業と学生とをオンラインで繋ぐ「オンラインリクルーティングMIYAZAKI」を開催しました。

新型コロナウィルスの影響で対面による企業説明会等が見送られる中、新卒採用活動を継続する会員企業と就職活動中の学生との接点を作ることを目的として開催した当イベント。

加えて、通常会員企業が起案する各ワークショップの支援費として用意している予算の一部について、学生団体に充て運営業務を発注することで、収入が減少している学生らの支援をおこなうとともに、プロジェクトへの参加機会を創出するきっかけともなりました。

なお当日の様子は各メディアでも取り上げられました。

 

UMKニュースで放映された様子。

 UMK様のニュース。

 

MRTニュースで放映された様子。

 

宮崎日日新聞の紙面にて。宮崎日日新聞WEB版はこちら

 

日本経済新聞の紙面にて。日本経済新聞WEB版はこちら

会員企業、学生共に繋がる機会が作りにくい現状へアプローチ

参加した会員企業、スパークジャパン株式会社の当日の様子。各企業の採用担当者も、それぞれのオフィスや自宅からの参加となりました。

 

 

 

イベントには会員企業6社と県内外の学生約40名が参加。説明会スタート前に、特別会員である宮崎大学の講師・土屋有氏より、それぞれの企業の特徴や魅力について紹介。「どの企業のオンライン説明会に参加すればいいかわからない」といった学生の相談にも回答し、相談後説明会のZOOM上のルームへ移動する学生も見受けられました。

 

 

運営に携わった宮崎大学4年の日高望海さんは「コロナの影響を受けたけれども、悪いことだけではなく、いい影響もあったのではないかと思う。オンラインで色々な企業さんや学生さんと繋がることができる場を作っていけると嬉しい」と、オンラインでの企業説明会のメリットなどについてコメント。この状況だからこそ、企業・学生共に積極的にオンラインでの場づくりを進めて行こうという、前向きな想いが感じられるイベントとなりました。