Miyazaki IT Plus

MENU
株式会社ペルテ
  • Facebook
  • Twitter
  • Goole+
  • LINE

株式会社ペルテは、主に保険会社・少額短期保険システム「InfoOne」、機関代理店向システム「BILLION II」など保険業界に特化した業務パッケージソフトウェアおよびそれを支える共通基盤ソフトウェアを自社で企画・製造・販売しています。



オフィスにお伺いしました!

東京本社と連携したPCoEの技術力

 ペルテフェニックス センター・オブ・エクセレンス(PCoE)は、2012年8月に国内技術の拠点として開設されました。自社で企画から保守まで全て行っており、東京本社と連携を取りながら高い技術力でお客様をサポートしています。
今回は、フェニックスセンターグループリーダーの碇山さんと同カスタマーサービスグループの福山さんにお話を伺いました。

スキルアップを実感できる仕事

 入社2年目の福山さんは、数十社のお客様からの要望、Q&Aに対応するチームで活躍しています。
「最近は保守だけではなく、新しい機能をつくる役割も担っています。 新卒で入社したての当初は、システムを組むことだけで精一杯でした。その為、狭い範囲でしか物事が見られていなかったのですが、少しずつスキルがあがり、今ではお客様の使いやすさを考えて作れるようになりました。」
福山さんは、技術者としてのスキルが向上したのは、システムを使うお客様の声を直接聞くことができるチームにいるからこそだと感じています。
「お客様から『システムを使用しているのは年配の方が多い』という声をいただき、それをきっかけにユーザビリティの改善に取り組みました。開発の現場だけではわからないことでしたが、実際にシステムを使っているお客様の声が直接システムの構想に反映されることで、使いやすいものへと改善でき成長を感じる出来事でした。」

引き継がれていく技術のノウハウ

 1つの業界に特化し続けているので、一貫したノウハウが蓄積されており、品質の高い製品が開発できます。グループリーダーの碇山さんは、後輩に指導する立場としてチームを支えています。
「上司から受け継がれている技術力が、しっかりと自分たちに生きています。同じミスを繰り返さないよう、気をつけるべきところを必ず共有するようにしています。例えばお客様にとっては担当が違うということは関係ありません。誰が行っても同じミスがないように、自分だけでノウハウを溜め込まないことを常に意識しています。」

得意なことを活かせる現場

 PCoEでは、自身の強みを生かした役割を選択できると碇山さんが教えてくれました。
「お客様と直接会話をして業務要件をまとめるチーム、システムの構造を基盤から考えるチーム、お客様からの要望やQ&Aに対応するチーム等に役割が分かれています。自分が得意な分野を選択して業務に取り組むことができ、活躍の場がたくさんあります。自分のノウハウを後輩に教えながらチームを様々な視点でサポートし、お客様が安心して使える品質の高いものを提供できていると自負しています。」
保険業界に特化したシステム開発の技術拠点の中枢部として、組織を牽引するPCoEのこれからの活躍が楽しみです。

株式会社ペルテ

  • 株式会社ペルテ
    宮崎県宮崎市江平西2-3-48  宮崎KHビル5F 

0985-89-2351

www.perte.co.jp